まつ毛が薄くなる原因は?

まつ毛が薄くなる原因は?

まつ毛は目の印象に大きく左右するので、気にしている方も多いのではないでしょうか。

そのため、まつ毛が抜けたり細くなったりして薄くなると、大きなショックを受けてしまう方がたくさんいらっしゃいます。

まつ毛は頭の毛と同様に放っておいても抜けてしまうので、あまり過度に気にする必要はありません。

しかし、まつ毛の扱い方を誤ると、薄くなる原因になります。

そこで、この記事では、まつ毛が薄くなる原因について解説し、まつ毛の悩みを解決していきます。

まつ毛が薄くなってきたと感じている方は参考にしてみてください。

まつ毛が薄くなるのは防げる

まつ毛は自然と抜けてしまうもの

通常、まつ毛は毎日3~5本は抜けています。しかし、その一方で、同様の数のまつ毛が生え変わっているのです。

このサイクル(毛周期)によってまつ毛の量は一定に保たれています。毛周期には、下記のように成長初期から休止期までがあります。

  • 成長初期…毛根の中で育っている時期
  • 成長期…まつ毛が表面に出てくる時期。この時期に太く長く成長していきます。
  • 退行期…成長が止まる時期
  • 休止期…まつ毛が抜ける時期

このサイクルは個人差がありますが、通常1~3ヶ月かけて繰り返されるのです。よって、まつ毛が抜けること自体は自然であり、薄くなる原因ではありません。

毛周期以外の原因がまつ毛を薄くする

まつ毛を薄くする原因は大きく分けて2つあります。

  • メイクなどによる外部的要因
  • 生活習慣によって生じる内部的要因

まつ毛は髪の毛のように、引っ張っても簡単には抜けないように感じてしまいます。しかし、まつ毛は思っているよりも負担に弱いのです。そのため、少しの負担や刺激で簡単に抜け落ちてしまいます。

まつ毛美容液などを利用すると、まつ毛にハリやコシが生まれて抜けにくくなります。しかし、まつ毛の扱いを誤って、成長期のまつ毛が抜けるとドンドンまつ毛を薄くしてしまうのです。

まつ毛を薄くする原因はメイクにあり

ビューラーはまつ毛に負担を与える

ビューラーを使ってまつ毛をカールさせている方は、扱い方を誤ってまつ毛を薄くしてしまっている場合があります。

まず、1つ目が、まつ毛の引っ張りすぎです。まつ毛は負担に弱くて抜けやすい毛ですので、上に引っ張りすぎると簡単に抜けてしまいます。まつ毛を抜かないために、カールさせるときはあまり引っ張らないようにしましょう。軽くまつ毛を挟むだけでも十分にカールできますので、まつ毛の根元に負担がかからないようにしてください。

また、ビューラーのゴムが古い場合も注意です。ビューラーのゴムに溝ができていれば、すぐに交換することをおすすめします。溝にまつ毛が絡まって抜ける原因になります。ずっと同じビューラーを使っている方は、溝ができていないかチェックしてみてください。

まつ毛エクステの重さも大きな負担

まつ毛エクステやつけまつ毛も薄くなる大きな要因です。

どちらも専用の接着剤をつけて、まつ毛に装着しています。つまり、余分な重り・負荷をずっとまつ毛に与えている状態ですので、抜けやすくしてしまっているのです。「どちらもそれ程重くないのでは」と思うかもしれません。

しかし、まつ毛エクステやつけまつ毛を支えているのは、小さな毛根です。思っているよりも負担は蓄積していくのです。負担をなくすことはできませんが、負担を軽くするためにまつ毛専用の美容液でしっかりとケアするようにしましょう。

クレンジングだけでもまつ毛は抜ける

あまり意識しない部分かもしれませんが、クレンジングの仕方も誤るとまつ毛を抜ける原因になります。

例えば、ウォータープルーフタイプのマスカラなどを利用した場合、落ちにくいのでゴシゴシとしっかり目にこすりがちです。特に、毎日マスカラを引っ張って落としていると、成長期のまつ毛も一緒にドンドン抜け落ちていきます。メイクが残っていると皮膚に負担を与えるからと、あまり強くこすったり引っ張ったりしないようにしましょう。

ちなみに、まつ毛は摩擦によって抜けるので、目をこすったりうつぶせで寝たりするなどの行為も抜ける原因になります。目をこする・うつぶせで寝るクセがある方は、意識して改めるように心がけてください。それだけでも、まつ毛が薄くなるのを防げます。

生活習慣が乱れているとまつ毛にダメージを残す

生活習慣が乱れていると、まつ毛にダメージが残って抜け毛の原因になります。

ピンッとこない方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、生活習慣がまつ毛に与える影響について解説します。

睡眠不足

まつ毛を育てるためには、成長ホルモンの分泌が欠かせません。しかし、睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌量が少なくなるので、十分に育たずに抜けやすいまつ毛になってしまうのです。

また、睡眠不足によってストレスがたまることも、まつ毛にはよくありません。ストレスがたまるとホルモンバランスが乱れてしまうので、まつ毛が細く弱いものになってしまいます。

まつ毛を育てるためにも、しっかりと6時間は睡眠を取るようにしましょう。

栄養バランスの悪い食事

まつ毛を含めた身体のあらゆる細胞は、食事から得た栄養によって作られています。

つまり、質の悪い食事や偏食によって栄養に偏りがあると、十分にまつ毛に栄養を行き渡らせることができなくなります。すると、しっかりとまつ毛が育たなくなり、すぐに抜けるまつ毛になってしまうのです。

食生活が乱れている方は、規則正しく毎日3回の食事と栄養面に気を配った食材を選ぶようにしましょう。